サービス

Service

メンテナンス

img_card-maintenanceバイクランチでは常にコンディションのいいバイクに、 皆さんに乗ってもらいたいと考えます。

車と違い車検制度もないスポーツバイシクルですが、スピードも出る乗り物であるので普段からしっかりと整備しておき、余計なトラブルを未然に防ぎ、ストレスの無い快適なバイシクルライフを送りましょう。

バイクランチでは生涯無料点検サービス(サービスページへリンク)と共に、オーバーホールにも力を入れています。

 

 

メンテナンスの工賃表はこちらからご覧ください。(PDFが開きます。)

メンテナンス工賃表

ライトオーバーホール

  • 洗車
  • ケーブル交換
  • バーテープ交換
  • リムフラップ交換
  • 調整組立

フルオーバーホール

  • 洗車
  • 分解洗浄(ヘッド、、ハブ、BB、リヤメカ)
  • ホイール調整
  • ケーブル交換

※1 ケーブル、リムフラップ、バーテープなど部品代は別途必要です。
※2 油圧ディスクブレーキの場合エア抜き(フルード代込)工賃が発生します。

オーバーホールとは?

BIKE RANCHで人気のあるフルオーバーホールの模様を動画に収めました。1日の動きをご­覧ください。

メンテナンスのの手順

 

STEP1

point3-1

洗車を行い、泥や砂など外装の汚れを落とします。

STEP2

point3-2

パーツをフレームから外しパーツ単体からスモールパーツへ分解します。

STEP3

point3-3

順番にパーツを洗浄しながら摩耗、損傷などの状態チェックを行います 。写真が必要です。

STEP4

point3-4

フレームへのガラスコート等を行う場合は、磨きをかけ下地処理を行ってからコーティングを行います。

コーティングを行う事で、キズが付きにくくなったり、汚れが付着しにくくなります。

特にMTBの場合は泥汚れの落ち方に大きな変化が見られます。

STEP5

point3-5

完成!

新車から1年ほど乗ったバイクで、オーバーホールに出されたお客様より、「新車より良くなった」とありがたいお言葉を頂く事があります。

新車より良いって疑問かもしれませんが、ベアリングの回転部分がある程度走った事により、ベアリングの凹凸部分が馴らされ「アタリ」が良くなったうえに、新しいグリスやオイルも入る事で、新車より『よく走る』バイクに生まれ変わる事になります。

もちろんオーバーユースなバイクの場合は、徐々に劣化していくので気付きにくいものですが、オーバーホールを行う事でリフレッシュします。

大切なバイクだからこそ、1-2年に一度はオーバーホールを行って下さい。